法人デビットカードを作るべき状況とは

デビットカードの審査基準や引き落としタイミングに注目

令和に入りキャッシュレス決済の需要が高まり、簡単に支払いが出来て何かと便利ですが、肝心のカードの審査が厳しくて作れないということがあります。クレジットカードのように使えて、しかも審査が厳しくないカードが欲しいのであれば、デビットカードをおすすめです。このカードは、審査は審査基準はとても低く、殆どのデビットカードは、15歳(中学生は除く)以上であれば、申し込むことができます。法人デビットカードを作る場合は、法人口座そのものに審査はありますが、一般的な会社であれば、起業して間もない会社や赤字決算・返済遅延のある会社でも発行できる可能性があります。このカードは支払いと同時に口座の引き落としが行われるため、貸し倒れによる損失が発生しないので、与信審査もなく申し込みが出来るからです。

他にもデビットカードならではのメリットが沢山!

クレジットカードに比べて、審査する時間も短いので発行スピードが速く、申し込みから発行まで約1週間程でカードが届きます。また最大500万円から1000万円と利用限度額を高く設定している所が多く、預金に余裕があればいくらでも使えて、その利用額に応じてキャッシュバックするカードもあるので、キャッシュバックや特典サービスを少しでもお得に利用したい場合は、有料のデビットカードをおすすめします。法人デビットカードを利用するなら会社の経費などの常にWEB明細で確認が出来て、経理業務が楽になり、未払金が発生するリスクもなくなります。そしてクレジットカードと同じように国際カード加盟店の利用や海外のATMで現地通貨を引き下ろせたり、不正利用保険・補償などの付帯保険もついています。