法人デビットカードを使うときのデメリット

カードの選択肢が少なく対応していない決済方法も多い

クレジットカードの場合、口座によって発行できるカードに特に制限はありませんが、デビットカードは一般的に口座を開設している銀行のものしか発行できません。したがって、良いサービスを提供するデビットカードを見つけても、そこの法人口座を作っていない場合は新たに口座を作らなければならず、審査等に時間が掛かってしまいます。また、デビットカードはその都度口座からの引き落としになるため後払い決済には基本的に対応していません。そのため高速道路での決済をお得で便利にするETCカードを発行することは出来ず、さらに公共料金や月額制のサブスクリプションサービス等の支払いに対応していない事が多いため、希望する用途を満たせない事もあります。

ビジネスカードとの使い分けが重要

法人デビットカードには、上に挙げたようなデメリットも確かに存在します。しかし、元々口座に入金されている分しか使えないため、カード発行に伴う審査がビジネスカードと比較してかなり甘く、法人化したばかりであったり赤字経営をしている法人でも容易に発行できることや、月々の利用限度額がビジネスカードの数倍に及ぶため高額の決済にも対応できるなど、法人によってはデメリットを補って余りあるメリットを享受する事が出来ます。手数料無料のデビットカードであれば持っておく分には特に負担もありませんので、自社の法人口座を開いている銀行が法人デビットカードを発行しているのなら、一度サービス内容を確認してみてはいかがでしょう。