法人デビットカードを作るときのデメリット

ETCカードが作成できない

法人用デビットカードは、基本的に審査なしで利用できるので起業をしてすぐに利用できるという大きなメリットがある一方で、いくつかのデメリットもあるので、デメリットをしっかりと理解しながら利用しましょう。デメリットの1つとして、ETCカードが作成できないという点があります。法人デビットカードと同じく法人用のカードとしては法人用クレジットカードがありますが、こちらではETCカードも作成することが出来ます。どうして法人用デビットカードではETCカードが使えないかというと、支払い方法が異なるためです。ETCカードの場合、利用した料金は後日の引き落としになりますが、法人用デビットカードは使用したその場ですぐの引き落としになります。

そのほかのデメリット

そして法人用デビットカードは銀行をはじめ金融機関で発行されるケースがほとんどです。そのためどこの口座でも利用できるというわけではなく、法人用デビットカードの引き落とし口座はそのカードを発行している金融機関の口座に限られています。そのため使い勝手のよさそうな法人用デビットカードを作成したとしても、その銀行の口座が無ければわざわざ口座を開設しなければならない点はやはり面倒だと言えるでしょう。また細かい点にはなりますが、カードを使用するとそのカードに応じてポイントが溜まりますが、法人用デビットカードはほかのカードに比べると付与されるポイントが少ないというデメリットがあります。そのため積極的に利用するカードというよりは、もしもの時に備えておくためのカードだと言えるでしょう。