法人デビットカードのトラブル対策

一番よく使うメールアドレスに利用通知を送らせる

法人デビットカードを使う場合、いろいろと注意が必要です。というのはセキュリティをまったく気にせず使い続けた場合、会社の代表口座から完全にお金がなくなってしまうということもあり得るからです。法人デビットカードは銀行の法人口座と直結しているということを忘れないようにしましょう。 では法人デビットカードのセキュリティを高めるためにはどうすればいいのでしょうか。デビットカードを利用すると、あらかじめ登録したメールアドレスに利用通知が送られるのが一般的です。したがって、一番よく利用する、あるいはスマホに受信するメールのアドレスを登録すべきでしょう。そうすれば、もし不正利用されてもすぐに気づくことができます。

利用通知をスパムと判定されないために

銀行から送られるデビットカードの利用通知を確実に受け取るためには一工夫必要です。近年、利用されるメールサーバーにはスパムを判定するためのプログラムが組み込まれていることが多いですが、カードの利用通知がそのプログラムによって迷惑メールと判定され、ゴミ箱などに入れられてユーザーの目に触れない可能性はゼロとはいえません。したがって利用通知に記載されている送信元のメールアドレスをシステムに登録し、そのアドレスから送られてくるメールはスパムと判定しない設定を行うようにしましょう。
もし、カードを利用していないのに利用通知が送られてきた場合、不正利用された可能性が高いのでカードの機能を停止した方が安全です。