法人デビットカードのメリット

経費の管理がしやすい

デビットカードは口座から即時引き落としなので、クレジットカードのように翌月、翌々月の支出まで考える必要がありません。そして、法人デビットカードは、法人クレジットカードと同じように、利用状況がすぐweb上の明細に反映され、過去の履歴も閲覧することができるので、経費の管理がとても楽になります。 また、法人デビットカードは一月の利用限度額が多く、法人クレジットカードの一月の利用限度額が一般的に100万円のところ法人デビットカードは1日に数十万円から数百万円と桁違いです。経費の支出が多い会社では、クレジットカードの場合複数枚所持する必要があり管理が面倒ですが、デビットカードの場合は1枚で経費の支出ができるので管理しやすいです。

カードを作成する際の審査が通りやすい

法人デビットカードは法人クレジットカードに比べて審査が通りやすいです。法人クレジットカードの場合、後日に支払いが行われるためクレジット会社は踏み倒されるリスクがあります。立ち上げたばかりの会社や収益が安定しない会社はクレジット会社から信用できないと判断され、審査を通るのが難しくなります。

法人デビットカードの場合、口座から即時引落としなので、踏み倒されるリスクがなく、事業を行っていることが確認されれば審査に落ちることはほぼありません。会社によっては、審査を行なっていないところもあるくらいです。

立ち上げたばかりの会社や収益が安定していない会社の場合、まずは法人デビットカードを作成することをオススメします。